漢<おとこ>のタメ息第一章(馬鹿もほどほどに)

ロックと酒。そしてハロプロを愛するリーダーが、徒然なるままに書き散らすおとぼけ武鷺愚。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プロデュース

まひるさんからのコメントで

>娘。に限らずハロプロって、結局つんく♂色が強すぎるんですよ。
>曲も衣装も昔から何も変わってない。
>ハロヲタからすればそれが普通でも、はた目から見れば濃いんですw
>曲や衣装以外にもメンバーの顔ぶれを見ればつんく♂カラーが出ちゃってるのが分かるほどです。

とありましたが、これは僕もまったく同じ意見です。

まず音楽業界的に、一人のプロデューサーが何十年も
同一アーティストをプロデュースすること自体が・・・


異常なことです


全くの持論になりますが、プロデューサーはバンドやアーティストより
も時流、流行に左右されるシビアなポジションだと思うので、海外・日本を
問わず一時代を築いた大御所でも、キャリアからみれば全盛期は僅かな期間です。


○ジョージ・マーティン 主に60年代

ビートルズ、チープトリック、エルトン・ジョンなど

○フィル・スペクター 主に60~70年代

ロネッツ、ジョン・レノン、ラモーンズなど

○ナイル・ロジャース 主に80年代

ジェフ・ベック、デビット・ボウイ、マドンナなど


あの小室哲也も90年代半ばから00年にかけての、僅か5年が
全盛期です。


それを考えるとハロプロを全て、何十年もプロデュースしている


つんく♂さん


がかなり異常な存在というのがわかると思います。



しかも作詞、作曲(これは一部ゴーストの可能性あり)
衣装、振り付け、おまけにバッキングコーラスまでやっています。


どんだけやりたがりなんだか



まず娘。やスマイレージのメンバーのてこ入れする前に、
事務所も外部の作詞、作曲者を積極的に採用して、


旬のプロデューサーをつかってみたら?



そっからだと思いますけど。

スポンサーサイト
  1. 2012/05/27(日) 21:20:00|
  2. ハロプロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<総選挙おわた | ホーム | 「27thシングル 選抜総選挙」速報結果>>

コメント

リーダーさん、こんばんは!

つんく♂1人が10数年もずっとプロデューサーやってるなんて、本当に異常ですよね。
つんく♂は作曲家としては優秀だと思いますが、プロデューサーとしては凄く稚拙だと思うんですよ。
それは、ぶっちゃけハロプロ全盛期の頃から思ってます。

私が娘。のファンになったのはサマナイから。単純に曲が気に入ったからだったんですが、
ラブマで大ブレイクを果たすまで、結構紆余曲折があって、路線もコロコロ変わってますよね。

裏を返せば一貫性が無い。どういうラインならヒットするかを手探りして探しながら、曲を送り出してる。
その結果、たまたまラブマで大ブレイクする。
手探りだろうが、たまたまだろうが、ヒットすれば勝ちです。
結果的には正しかったワケだし、ここまではそれで良かったと思います。

問題は大ブレイク後なのです。
出す曲出す曲売り上げが落ちていく。
大ブレイク後から2年経ってもまだ売り上げを上げ続けて陰りを見せないAKBとは大違い。
祭りユニットや、ザ☆ピ~ス!の時点で私はファンとして危機感を強く持ちました。

ブレイクしたきっかけが、ラブマだったのがまた微妙な所で、
デビュー当初のアーティスティックなラインは影を潜め、にぎやかし系のおもちゃ箱的ラインが主流になった。

アイドルとして王道をいくというのは、松田聖子のようなラインや、今のAKBのようなラインだと思いますが、
娘。の場合はアイドルとしては奇抜なピンクレディーラインを突き進んだんですよね。
ある意味、こちらも王道ではあるのですが、このラインは絶対に長続きしません。

それでも当時は敵なしだったのと、大ブレイクにより絶対的なファンが多く付いた為に、
無理矢理にでもこうやって10数年続けてくる事が出来たワケですが、
客観的に見て、やる事なす事のほとんどが失敗なんですよね。

売り上げは落ち続け、ファンは離れていくばかり。
プロデューサー失格でしょう、どう見ても。それでも事務所はずっと、つんく♂を使い続ける。

大ブレイク後に、1つでもヒットらしいヒットを飛ばしたでしょうか?
ラブマの他に代表曲が出てきませんよね。

ファッションなどと同じで、ヒットソングは流行に左右される物だし、流行そのものを作り出す事が必要とされます。

ヒットソングを作り出せなくなったらお払い箱となってしまうのが常識だし、次の流行を作り出すために動くのが普通。
それなのに、無策のままずっとつんく♂って。。。

つんく♂はつんく♂なりに、色々やってるつもりなんでしょうけど、次の新曲も聞いてみたら酷いもんですよ。
どう聞いても、「またつんく♂か」です。そして、「所詮つんく♂か」です。
衣装も曲も、イメージはずっと「つんく♂」のまま。これでは絶対に再ブレイクなど不可能。次も惨敗確実です。

ファンとしては、再ブレイクを目指した「努力」を見たいんですよね。
事務所にもつんく♂にもそれを感じないからガッカリしてしまうし、怒りさえ覚えます。

曲が良ければヒットする、なんてのは幻想。
如何に人気を作り上げるか?が重要。
曲以外にもコンセプトやら衣装やらPVやらなんやら、色々と重要。
そういうのを考えるのが彼らのお仕事でしょう。


Buono!やなっちなんか、つんく♂が関わってない時が素晴らしく良かったんですよね。

Buono!はつんく♂が関わらず、アイドルロックとカワイらしい衣装のコンセプトでデビューしてファンの度肝を抜いた。
つんく♂にはこういう良いコンセプトを考える力が皆無。
ファンの反応が良かったのを見て(?)つんく♂がしゃしゃり出てきてダメにしてしまった。

なっちは彼女のイメージと相反する暗いイメージの曲でソロデビュー。それが良くなかった。
つんく♂が離れてからは大人の女性のイメージの良曲が連発だったけど、時すでに遅しだった。
なっちも後藤も今の娘。もそうだけど、出す曲出す曲毎回迷走してる。バラードを歌ってみたり、ディスコミュージックにしてみたり、アイドルポップにしてみたり。

ホント、プロデューサーとしてはクズだと思うんだけどな。
いつも変わり映えのしない安っぽいクセにチケの高いライブもこの人が手がけてるでしょ。


AKBって、ハロプロの問題点をことごとく改善してるんですよね。
悪い部分もあるけど、ハロヲタが不満に思ってた事はかなり改善してて、ハロヲタを自分トコに上手く引き込んでる。

ライバルに勝つって、こういう事だし、競争ってこういう事。

つんく♂も事務所もやる気を感じないから、応援する気になれない。
9期・10期に良いメンツが揃ったから期待感はあるけど、つんく♂っていう時点でもうダメとしか言いようがない。

とにかく、つんく♂を辞めさせて、他のプロデューサーにしてほしい。
全盛期からそうなんだけど、ハロプロはとにかく衣装から曲からライブからなんでもかんでも「安っぽい」。

そういうイメージをことごとく払拭しないと、どうしようもないですよ。
ハロプロのコンセプトって「安っぽい」事ですか?と聞きたくなるくらい安っぽいんだから。(>_<)
どのグループだろうと、つんく♂がやってる限り何をやっても一緒だしね。

「ハロプロ」というブランドが今を支えてるだけで、そのブランドが無ければ、NGPのようにとっくに潰れてますよ。
つんく♂のプロデューサーとしての力はその程度という事です。

アツくなって、思わず長々と書いてしまいました。
自分のブログはあれでも一応「モーニング娘。を応援するブログ」な上に、検索上位に来るので、
気を遣って出来るだけ批判的な事は書かないようにしてるんですよ。

本当は、このコメントで書いたような事をバリバリ書いていきたいんですが(爆)。

リーダーさんとは本当に飲みながら語り合いたいですなぁ。
  1. URL |
  2. 2012/06/01(金) 03:06:08 |
  3. まひる #cfPPVNxg
  4. [ 編集]

まひるさんこんちはー

>問題は大ブレイク後なのです。
>出す曲出す曲売り上げが落ちていく。
>大ブレイク後から2年経ってもまだ売り上げを上げ続けて陰りを見せないAKBとは大違い。
>祭りユニットや、ザ☆ピ~ス!の時点で私はファンとして危機感を強く持ちました。
>ブレイクしたきっかけが、ラブマだったのがまた微妙な所で、
>デビュー当初のアーティスティックなラインは影を潜め、にぎやかし系のおもちゃ箱的ライン>が主流になった。

僕が本格的に(?)ヲタになったのは、シングルだと
ハピサマからなので、それ以前のアルバムや映像などは
後追いでチェックした口ですので、当初のイメージは「洋楽を下敷きにした
楽曲を歌って、変な振り付けをするアイドルグループ」でしたw

でも今では一番好きなシングルは「モーコー」で
アルバムはなんていったって「セカモ」ですよ(爆)



>それでも当時は敵なしだったのと、大ブレイクにより絶対的なファンが多く付いた為に、
>無理矢理にでもこうやって10数年続けてくる事が出来たワケですが、
>客観的に見て、やる事なす事のほとんどが失敗なんですよね。

ここが一番たちの悪い点ですよね。
僕もまひるさんも含めてww
なんだかんだ見放すことが出来ず、あれこれ
いまだに語ってるという現実w

でも世間的にはもう過去のグループですからね・・・


>ヒットソングを作り出せなくなったらお払い箱となってしまうのが常識だし、次の流行を作り>出すために動くのが普通。
>それなのに、無策のままずっとつんく♂って。。。

これはホントに音楽ビジネスの世界ではありえないことです。
スポーツにおきかえれば監督の立場ですからね。結果がだせなければ
交代、更迭は当たり前ですよ。

まひるさんも僕もここが一番腹の立つ部分だと思います。
素材がそろっているのに、采配で失敗こいているということですよね。


>Buono!やなっちなんか、つんく♂が関わってない時が素晴らしく良かったんですよね。

なっちのファーストはねぇ・・・苦い思い出ですねw
セカンドまでつんく♂さんがでしゃばっていますので、購入はしましたが
ほとんど聴いていません。
それに比べて「25」の素晴らしいことww
もうなっちに「ストレス」とかカバーさせる事務所はダメですよ。
外部の人に任せたほうがいいです。
Buono!も然り、まひるさんも良く述べていますが、
旬を見極めるのがダメな事務所ですよね。
もう2年前にどかーんと売り出していれば、もっとブレイクしたと思いますよ。
途中でつんく♂さんが「オレにもやらせてー」といじっちゃうからw

もうね、つんく♂クビww
  1. URL |
  2. 2012/06/02(土) 16:03:25 |
  3. リーダーヒサノスケ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hisanosuke.blog54.fc2.com/tb.php/245-f5087a78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リーダーヒサノスケ

Author:リーダーヒサノスケ
Keep On Rock’n Roll

必殺技:笑ってごまかす
弱点:アレルギー体質
好物:肉、ハロプロ
最近:昨年の10月にライブ活動休止してから、5キロ太りました

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

地元
アサヒ屋理容所
バンド関連
filter800
BLUEⅢ
THAT IS ROCK&ROLL
バライキ康人HP

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。