漢<おとこ>のタメ息第一章(馬鹿もほどほどに)

ロックと酒。そしてハロプロを愛するリーダーが、徒然なるままに書き散らすおとぼけ武鷺愚。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プロデュース

まひるさんからのコメントで

>娘。に限らずハロプロって、結局つんく♂色が強すぎるんですよ。
>曲も衣装も昔から何も変わってない。
>ハロヲタからすればそれが普通でも、はた目から見れば濃いんですw
>曲や衣装以外にもメンバーの顔ぶれを見ればつんく♂カラーが出ちゃってるのが分かるほどです。

とありましたが、これは僕もまったく同じ意見です。

まず音楽業界的に、一人のプロデューサーが何十年も
同一アーティストをプロデュースすること自体が・・・


異常なことです


全くの持論になりますが、プロデューサーはバンドやアーティストより
も時流、流行に左右されるシビアなポジションだと思うので、海外・日本を
問わず一時代を築いた大御所でも、キャリアからみれば全盛期は僅かな期間です。


○ジョージ・マーティン 主に60年代

ビートルズ、チープトリック、エルトン・ジョンなど

○フィル・スペクター 主に60~70年代

ロネッツ、ジョン・レノン、ラモーンズなど

○ナイル・ロジャース 主に80年代

ジェフ・ベック、デビット・ボウイ、マドンナなど


あの小室哲也も90年代半ばから00年にかけての、僅か5年が
全盛期です。


それを考えるとハロプロを全て、何十年もプロデュースしている


つんく♂さん


がかなり異常な存在というのがわかると思います。



しかも作詞、作曲(これは一部ゴーストの可能性あり)
衣装、振り付け、おまけにバッキングコーラスまでやっています。


どんだけやりたがりなんだか



まず娘。やスマイレージのメンバーのてこ入れする前に、
事務所も外部の作詞、作曲者を積極的に採用して、


旬のプロデューサーをつかってみたら?



そっからだと思いますけど。

スポンサーサイト
  1. 2012/05/27(日) 21:20:00|
  2. ハロプロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

リーダーヒサノスケ

Author:リーダーヒサノスケ
Keep On Rock’n Roll

必殺技:笑ってごまかす
弱点:アレルギー体質
好物:肉、ハロプロ
最近:昨年の10月にライブ活動休止してから、5キロ太りました

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

地元
アサヒ屋理容所
バンド関連
filter800
BLUEⅢ
THAT IS ROCK&ROLL
バライキ康人HP

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。