漢<おとこ>のタメ息第一章(馬鹿もほどほどに)

ロックと酒。そしてハロプロを愛するリーダーが、徒然なるままに書き散らすおとぼけ武鷺愚。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

嗚呼!酔拳

最近ジャッキー・チェンのゴールデンハーベスト時代の作品がまたもやDVDで再発&レンタルされているので、誘発されて久しぶりに「酔拳」をレンタルして観ました。

僕は「功夫映画」が小学生時分から大好物で、ジャッキーをはじめ、
ブルース・リー、ユン・ピョウ、ハン・キンポー、リュー・チャーフィー、リー・リンチェイ、カーター・ワン等きらびやかな武打星達は、僕の永遠の憧れであり、人生の潤いでもあります(少しおおげさだね)


suiken



さてこの酔拳。日本では「ドランクモンキー酔拳」としてモンキーパンチ先生のキッチュなオリジナルポスターもよろしく日本初上陸したジャッキー映画で、当時のロードショー誌もみても、今は亡き小森のおばちゃまが「とにかくジャッキーちゃんが凄いのっ」と絶賛していることからもわかるように(笑)ブルース・リー以降の功夫映画の流れを変え、ジャッキーの人気も決定付けた記念的作品なんですねこれは。

しかし今見ても面白いですね。
ユエン・シャオティエンのアル中師匠ぶりも最高だし、食堂で麺やら饅頭やら老酒を食いまくり、飲みまくって逃げようとするシーンは何度見ても笑えます。もちろん特訓シーンとボス戦も見ごたえありです。

あと、僕的にはジャッキーの体は「スパルタンX」時が最高潮だと思っていますが、この時代のしなやかな筋肉もいいですね(とか書いているとなにか誤解されそうですが)

とにかくジャッキーの出世作の「酔拳」観て欲しいですね~。


おわり。




スポンサーサイト

テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

  1. 2006/05/19(金) 02:16:26|
  2. 香港映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

リーダーヒサノスケ

Author:リーダーヒサノスケ
Keep On Rock’n Roll

必殺技:笑ってごまかす
弱点:アレルギー体質
好物:肉、ハロプロ
最近:昨年の10月にライブ活動休止してから、5キロ太りました

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

地元
アサヒ屋理容所
バンド関連
filter800
BLUEⅢ
THAT IS ROCK&ROLL
バライキ康人HP

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。